9月議会閉会を前に県庁前で多くの原発反対派が原発反対のプラカードを掲げ、抗議行動を起こしました。
議会では、原発の再稼働をめぐる討論が行われ、賛成派は電力安定供給や経済活性化等を理由として再稼働の必要性を主張しました。
 私は、これに対し反対討論を行い、福島第一原発事故から4年6か月以上が経った今も11万人以上の被災者が避難生活を強いられているうえ、酪農家が「原発さえなければ」と書き残して自ら命を絶った悲劇について言及しました。そして、10月5日に 「伊方原発をとめる会」が主催の公開討論会を求める知事あて署名が13万1455筆も のぼったことに触れ、伊方原発環境安全管理委員会や原子力専門部会の議論にとどまらず、住民を巻き込んだ公開討論会を行うべきことを訴えさせていただきました。
 しかし、私たちがどれほど原発の再稼働反対を訴えても自民党をはじめとした原発再稼働賛成派議員が多数を占めるという数の壁により、反対派の請願が否決されてしまい、悔しさとはらただしさでいっぱいです。

KIMG0925